年忌法要について

毎年おとずれる故人の命日に、故人を偲び節目ごとに供養をおこなっていきます。
これが、年回忌供養です。特に1周忌は死亡後ちょうど一年目、忌明に次いで規模の大きな法要です。

年忌法要の年

死亡した翌年の祥月命日(死亡した日と同月同日)に一周忌を行います。
一周忌だけが満で、あとは死亡した年も入れて、つまり「かぞえ」で勘定します。ですから、一周忌の翌年が三回忌で、法要が二年続くわけです。その後は、7、13、17、23、25、27、33、50回忌と行われます。
一般では三十三回忌まで営むことが多いようですが、家によっては、十三回忌まで行ったあと、十七回忌をとばして、二十三回忌をするなど、いろいろです。

法要の日

法要は命日にするのが理想ですが、お寺様の都合や参列者の都合も考慮して命日に近い折り合いのつく日を選んでも構いません。ただし、命日よりも遅らせるのはよくありません。法要が重なる場合は、どちらか早い方に合わせてとり行われています(併修)。

年忌法要の準備

日時・場所を決めます

忌明法要と同様、お寺様との打ち合わせの上、日時を決めます。
忌明の様に大がかりにする必要はありませんが、1周忌法要までは極親しかった友人・知人にも案内をし、三回忌からは身内だけに絞っていきます。 仏壇のある自宅での法要が望ましいのですが、お寺様にも相談されると良いでしょう。 ※一部地域を除き、やまおくでは法事会場のご紹介をお手伝いさせて戴いております。
詳しくは最寄りの店舗へご相談ください。

お客様や遠方の親戚の都合も考え早め(3ヵ月前)に準備にとりかかりましょう。

案内状を送る

遅くとも1ヶ月位前には届く様に手配をします。

やまおくでは3ヶ月位前から年忌法要のご通知を致しております。
お気軽に案内ハガキ等の製作をお申し付けください。

尚、やまおくの記録台帳は故人1人1人の法要日を印すことができますので大変便利です。
リストの作成を兼ねてご利用ください。

※やまおくでは案内状の無料サービスを致しております。

初七日 近親者、知人を招く。遠くから来た親戚にはひきとってもらう区切りの日。
十四日・三十五日 最近は遺族だけで行うことが多い。
四十九日 親戚、知人、友人を招いて読経の後忌明けの法要。その後会食をして記念品を配る。
新盆 前年の盆後に死亡した仏の供養。親戚はちょうちんを贈る。
百か日 近親者などの内輪だけで行う。心の切り替えとなる法要。
一周忌 親戚、知人、友人を招いて供養し、故人をしのびながら会食する。
三回忌 一周忌と同様、供養と会食。
七回忌以降 近親者で供養と会食。
各種印刷

料理・菓子・引出物の準備

お料理 年忌法要のお料理につきましては、肉・魚等を使った半精進や仏事会席が喜ばれております。また、故人が好んだ一品を添えるのもよいでしょう。
お引出物 年忌法要は、回を増すごとに、ごく親しいお身内となります。忌明のお返しとは少しことなり、日用品や、食品も好まれています。
お菓子 遠くからおいでになるお客様に、日持ちのする洋菓子等がお土産がわりに喜ばれます。

※やまおくでは、各種カタログをはじめ、豊富な品揃えの中からお選びいただけます。
お近くのやまおくへお気軽にお電話ください。

設営サービス(お部屋の飾り付け)

  • お申し込み、設営方法は忌明法要と同様です。
  • 内敷きも替え、雰囲気を明るくしてあります。

※専門の係員が、30分程度で設営を致します。お気軽にお申し付けください。
※什器、備品の無料貸し出しを行っております。

お部屋の飾り付け

備品貸出し